Case Study

経営を疑似体験できるビジネスボードゲーム研修で、経営者目線を備えた人材育成を実現

サービス業(コンサルティング)

    • ICTコンサルティングサービス

一人ひとりが社長になって会社を成長させる本格的な研修用のボードゲームで 視野を広げ
ビジネスの全体像やポイントを楽しみながら体得できる

背景・課題

成果意識を高め、自律した社員育成と他部署間でのコミュニケーション強化したい

    • 勤務地が違う中堅社員に向けて、オフラインでのコミュニケーションを図り、より強固なチームワークを目指す集合研修を検討していた
    • 短期的な目標だけでなく、経営視点を持ち長期的な成果を出せる人材になってもらいたい
    • 上司や先輩社員からの指示待ちのスタンスでなく、自ら気づき、考え、行動する社員を育成したい

提供サービス

「ビズストーム(6Hプラン)」を部署・支店をまたいで中堅社員の営業担当者12名(6名×2卓)で実施

    • 顧客企業のビジネスを理解し、頭をやわらかくして幅広い発想ができるようにするために、ゲームや講義に加えてワークも充実させたカリキュラムに
    • 普段接点の少ない方同士の交流が深められるよう、グループ分けは支店や業務上のチームメンバーが混在するように組み合わせた

     

    選定ツール

    <プログラム内容>
    [講義] 成果とは

    [ビズストーム]初級(経営シュミレーションゲーム3期分)

    [講義] 損益の考え方

    [ビズストーム]事業計画

    [ビズストーム]上級(経営シュミレーションゲーム8期分)
    [ワーク] ビズストームの振り返り
    [講義] リーダーシップ
    [ワーク]自社の現状を考える(顧客、競合、自社の強み)
    [ワーク]自分の役割と目標を考える

サービス効果・特徴

ゲームを通して「経営の動的なしくみ」を把握し、自分の行動を見直すきっかけとなり、自律的な行動を取れる社員の育成に成功

     

    01.ビジネスのしくみが理解できた

    会社の仕組みやお金の流れ、マーケティングについて理解できるようになった

     

    02.自律的に動けるようになるきっかけ

    疑似的に社長を経験することで、自分から動くことの大切さを体感した

     

    03.視野が広がる

    自分の部署以外の役割や自分以外のプレーヤーのやり方を見て自身の行動を振り返ることができた

     

    04.戦略的思考を習慣づける

    ビジネスには戦略性がないと上手くいかないことを体感でき、その必要性を理解することができた

     

    05.自分のクセに気づく

    他のプレーヤーの動きと比較しながら、自身の戦略の立て方や売り方のクセに気づき、自身の業務を見直すきっかけになった