Case Study

過剰在庫削減に向けた需要予測を可視化するシステムを構築

製造業(組立)

サービスパーツの需要予測を実現し、過剰在庫を削減

背景・課題

過剰在庫によりコストが増大し、利益が圧縮。

    • 故障等により必要となるサービスパーツが過剰在庫化。
    • 生産終了商品のサービスパーツにおいては受注生産となるため、一定の在庫保持が必要。
    • サービスパーツのアイテム数が多く、需要予測管理が煩雑化。

提供サービス

受発注・生産・販売の各システムデータを活用したPSI計画管理システムを構築。

    サービスパーツの需要予測を行うことで過剰在庫削減を目指す

    • 業務標準化の推進
    • 自動計算による省力化
    • 予測精度向上
    • 関連品番への予測展開

サービス効果・特徴

サービスパーツの過剰在庫削減によるコスト削減及び利益増加に。

    • 間接部門における利益を生む活動を実践
    • サービスパーツの余剰在庫削減
    • 業務標準化により効果化実現