Case Study

注文数の急激増加に対応した通販業務基盤を構築

通信販売業(テレビショッピング)

EC-基幹システムリアルタイム連携により注文数の急激増加へ対応

背景・課題

放送直後のECと電話の急激な注文により販売計画数をオーバーした受注が発生。

     

    • EC、電話からの正確な受注数管理のため、ECと受注販売システムのリアルタイムに近いデータ連携が不可欠。
    • 放送別販売数などの集計数を把握できる仕組み。
    • 過剰受注することなく、計画数の注文を取り切る計画受注の実行。

提供サービス

通販基幹システム“Infinity K”により通販業務の統合とEC連携を実現。

    • 物流倉庫とのシステム連携
    • ECカート、えびすマートとのリアルタイム連携

サービス効果・特徴

ECと基幹システムとのリアルタイム連携でスムーズな計画受注が可能に。

    • テレビショッピングで重要となる瞬時の販売可能数管理を実現。
    • オペレータでの販売計画数をオーバーした注文防止を実現。