Case Study

老朽化した物理環境で稼働しているシステムを仮想基盤へリプレイス

物流

    • 荷物運行

サーバーリプレイスによる耐障害性確保と性能向上を実施

背景・課題

ハードウェア老朽化によるシステム稼働リスクに対応

    • ハードウェア障害が発生した場合、基幹業務である運行業務が遅延、停止するリスクが高まる
    • 業務量増加による、サーバリソース不足が発生し、性能劣化のリスクが高まる

提供サービス

荷物管理システムの物理環境から仮想環境へのサーバリプレイス

    • サーバOSのバージョンアップ対応
    • 導入されているミドルウェアのバージョンアップ対応

サービス効果・特徴

仮想基盤へのリプレイスを実施したことによる、システム安定稼働を実現

    • 仮想基盤への移行したことによる耐障害性の確保
    • 仮想基盤が利用するCPU/メモリが現行環境よりも高性能なものになったことによる性能向上