Case Study

「ebisumart」と「Infinity K」をそれぞれ選択し、ECと基幹のリアルタイム連携を実現

株式会社エー・ビー・シー メディアコム 様

    • 通信販売 テレビ・ラジオの番組制作  ⁄ イベント制作  ⁄ 音楽事業 ⁄  広告代理店

     

    • 朝日放送グループ でテレビやラジオを通じて視聴者向けに通信販売を実施。「ABCかうも。」など のサイトを運営 https://shop.asahi.co.jp/

最適なECと基幹システムを選択し、リアルタイム連携を実現することでEC基幹の一体型システムからのリプレイスに成功

背景・課題

ECと基幹システムが別々のソリューションでも、販売可能数(在庫)のリアルタイム管理を実現したい

    • ECサイトと受注販売システムの一体型の旧システムでは、時代に合わせた最新のECサイトに改修するには大きな費用と期間を要することになり、なかなか着手できないという課題があった
    • また、ECサイトと受注販売システムが別々のソリューションでは、今まで一体型システムで可能だったリアルタイムでの在庫管理ができず、テレビ通販特有の放送直後のピーク時に在庫数を管理して過剰受注を防ぐことが難しいとされていた

提供サービス

「ebisumart」と「Infinity K」のリアルタイム連携を開発し、テレビ通販に対応したソリューションを提供

    • これらの課題を解決するため、電話注文を管理する通販基幹システム「Infinity  K」とECクラウドプラットフォーム「ebisumart」とのリアルタイム連携機能を開発
    • テレビ・ラジオ通販に必要なリアルタイムでの販売可能数の把握や放送日毎の集計などを実現

     

    選定ツール

    FutureRays株式会社

    通販基幹システム「Infinity K」

    http://infinityk.futurerays.biz/

    株式会社インターファクトリー

     クラウドコマースプラットフォーム「ebisumart」 https://www.ebisumart.com

サービス効果・特徴

テレビ通販に必要なリアルタイム在庫管理、ECリニューアルなど新たな機能拡充の際の改修コスト低減

    「ebisumart」と「Infinity K」のリアルタイム連携により、テレビ通販向けの6つのサービス」が実現!

     

    01. ECとのリアルタイム連携

    過剰受注による顧客キャンセルとクレームの対応作業を削減

     

    02. 販売可能数管理

    電話とECサイトからの受注数と在庫をInfinity Kで一元管理

     

    03.  受注時在庫引当機能 ・最短発送可能日表示機能

    注文受付順に商品を出荷、在庫切れ時に最短発送可能日の案内

     

    04. 企画サブ(放送日マスタ)機能

    購入希望の商品名が不明でも番組名、出演者名等で対応できる

     

    05. 一時在庫確保機能

    注文商品数を入力した時点で在庫を確保でき、丁寧な顧客対応が可能に

     

    06. ECと基幹システムが別々のソリューションの為、ECのリニューアルが容易に可能